つばさコーポレーション

つばさコーポレーション


不動産スーパーサポートローン

スポンサードリンク

ツバサコーポレーション

ツバサコーポレーション

 

つばさコーポレーションの不動産担保貸し出しのポイント

 

つばさコーポレーション(東京都渋谷区 代表取締役 金子 源一)の

 

法人要旨・業歴・代表者・貸金業登録番号は

 

株式会社つばさコーポレーション(東京都渋谷区、代表取締役 金子 源一)は

 

日本全国の不動産を担保に個人向け・ビジネス者向け・法人向けの不動産担保貸付金を

 

扱う金融プロ(貸金業登録番号:東京都知事(3)第31325号)です。

 

設立は平成21年3月です。

 

不動産応用貸し出し、不動産一般貸付金、不動産売り渡しつなぎ貸付金、

 

不動産ショッピング貸付金、不動産スパーサポートローンを取り扱っています。

 

不動産スパーサポートローンは適用規格を満たされた方向けの低利率の優遇計画です。

 

不動産担保貸付金は2、3番抵当(後順位)、借地物件、相続物件、共有名義持分物件

 

などについても折衝してください。

 

つばさコーポレーションは正規貸金業登録プロです。

 

ヤミ金融・悪徳専門家ではないのです。

 

つばさコーポレーションの不動産担保貸し出しの融資要件

 

株式会社つばさコーポレーションは不動産担保貸し出し専業のノンバンクで、

 

不動産担保評価・査定には定評があります。

 

不動産金融に精通した専門スタッフが不動産の実地チェック・評価を行い、その評価結果により

 

融資できるか査定を行います。

 

査定のスピードも大変スピーディです。

 

即日融資もできるです。

 

融資の話し合いは電話・来店で月曜日から金曜日まで9:00〜18時まで受付けています。

 

インターネットでは24時メールを受付しています。

 

取扱い融資アイテムとしては、個人向け・ビジネス者向け・法人向けの不動産応用貸し出し、

 

不動産一般貸付金、不動産売り渡しつなぎクレジット、不動産買い物クレジット、

 

不動産スパーサポートローン等を取り扱っています。

 

<つばさコーポレーションの不動産担保貸付金融資前提>

 

ローン商品名

不動産活用ローン
不動産一般ローン
不動産売却つなぎローン
不動産購入ローン
不動産スパーサポートローン

対象者 個人・個人事業主・法人
融資金利

不動産活用ローン・・・年5.7〜15.0%
不動産一般ローン・・・年4.0〜15.0%
不動産売却つなぎローン・・・年4.0〜15.0%
不動産購入ローン・・・年4.0〜15.0%
不動産スパーサポートローン・・・年3.8〜7.8%

実質年率 年15.0%以内
遅延損害金 年20.0%
返済方法 元利均等・一括返済・自由返済
返済期間 最長30年(360回)
資金使途 自由
担保

抵当権または根抵当権設定
火災保険に質権設定

連帯保証人

原則として不要ですが、担保物件の所有者が借主と異なる場合は、所有者が連帯保証人となります。
借主が法人の場合は、代表者が連帯保証人となります。

手数料

0%〜5%以内
不動産スパーサポートローンは2.1%以内

その他 解約違約金 返済元金の0%〜5%以内

 

つばさコーポレーションの不動産担保貸付金の査定やもち味

 

つばさコーポレーションは全国の不動産を対象に、個人向け・ビジネス者向け・法人

 

向けの不動産応用クレジット、不動産一般貸し出し、不動産売り渡しつなぎ貸付金、

 

不動産ショッピング貸付金、不動産スパーサポートローン等を取り扱っています。

 

財源使途自由で、カスタマーのニーズに当てはめて、所有する不動産の有効応用が可能な

 

不動産担保貸付金です。

 

どの融資構想をチョイスするかは融資担当者とよく話し合いの上決めてください。

 

スピード融資もできるで、物件評価は市場値打ち優先で査定。

 

<つばさコーポレーションの不動産担保クレジットのポイント>

 

 不動産の評価を優先し大口融資も可

 

 担保物件の地域は全国

 

 スピード融資、仮査定の結果は即日も

 

 即日融資も

 

 利息は年3.8%からの低利率

 

 最大30年の住宅ローン並みの長期貸付金可

 

 2、3番抵当(後順位)可

 

 借地物件、相続物件可

 

 共有持分物件可

 

「不動産スパーサポートローン」は一定の適用水準を満たした人・会社を対象に供給する優遇計画で、

 

利率が年率が3.8〜7.8%と他の貸付金アイテムに比較し低くなっています。

 

詳細はつばさコーポレーションへお質問ください。

 

話し合いはフリーです。

 

お急ぎの不動産担保貸付金も。

 

<つばさコーポレーションの査定は甘いか、厳格なか、銀行との相違>

 

*担保不動産の評価額

 

つばさコーポレーションは担保物件評価・査定にあたり、不動産のありがたみを最大限評価します。

 

銀行では路線価や公示値段で単純に評価する事もあり、査定が厳しめになる性質があります。

 

つばさコーポレーションは建ってから期間の年季の入った戸建・マンション・アパートや、地方物件、

 

借地物件、持ち分物件、すり合わせ区域など多様な不動産に扱ってし、担保掛目も

 

流通プライスを水準に最大限評価します。

 

流通代金100%加味αの不動産評価もする時があります。

 

*税金の未納や差押え

 

税金の納付状況(未納・滞納がないか)の検証も査定では必須です。

 

担保不動産の固定財産税は当然、所得税や住民税などの未納があると、財産である

 

不動産に都道府県・市町村・国税が差押えをかけてくる時がかなりあります。

 

銀行は、税金の未納や税金の差押えがある状況で融資を行う事はないのです。

 

先に税金の入金をしてから来てくれと、話し合いにも乗ってくれない事例もあります。

 

つばさコーポレーションは担保物件に税金未納がある時、税金の差押えがある事例、

 

競売中の時の不動産担保貸付金の取り扱いも優れているとしています。

 

税金についてあらかじめ不動産担保貸し出しエキスパートに話し合いし、税金の納付の元金も

 

含めたプライスの融資を行う事が不可欠です。

 

*貸金業法の総量規制でも借入が可能なのか

 

不動産担保クレジットを優れているとするつばさコーポレーションはこの総量規制の

 

適用除外規定の融資や異例規定の融資をふんだんに行っていて、豊富な融資場合をもち、

 

融資までのスピードも大変スピーディです。

 

*決算中身

 

(赤字や債務超過)、開業前、決算書な、民事補修・債務整頓中など

 

断っておきますが不動産の長所を最大限評価するので、銀行と違って黒字決算書3期分

 

なんて不可欠ないのです。

 

銀行との相違は、中小スケールのビジネス主で資金繰りが苦しい法人でも折衝にのってくれる事。

 

ビジネス計画書製作のバックアップもあり、赤字や債務超過で頭を抱える経営者でも

 

折衝してみる長所があります。

 

*借地やすり合わせ区域、相続未登記、内密、持ち分、競売中

 

つばさコーポレーションは日本全国如何なる不動産でも取り扱い実績豊富です。

 

つばさコーポレーションの融資時や口コミ、留意点は

 

つばさコーポレーションの不動産担保クレジットはスピード融資ができるです。

 

即日融資も取り扱っています。

 

財源使途は自由です。

 

急な財源需要、借換資金、新規開業元金、納税元金、相続元金、

 

赤字決算・債務超過・債務片付け中・競売中でもご折衝下さい。

 

高価融資、期間30年の長期貸付金も折衝してください。

 

つばさコーポレーションは経験豊富で、ふんだんにの融資場合を持っています。

 

<融資を受けた人たちの場合・口コミ等>

 

月々の返金が合計7万5千円を超えていたケース

 

支出者金融等5社合計300万円借入れ、月々の返金が合計7万5千円を超えていたが、

 

不動産担保貸付金にて300万借入れたケース。

 

年利息6%、5年で月次57999円

 

競合企業不動産担保クレジットの借入と、支出者金融からの借入をしていた時

 

不動産担保貸し出しで700万円借入れ、年利息12%,10年月々100430円の償還、

 

支出者金融から300万円借入れ、月々54056円、合計154486円の決済を行っていたが、

 

つばさコーポレーションの不動産担保貸し出しで1000万円の貸し出しを一本化された事に

 

より年利息6%、10年の事例111021円

 

*不動産応用貸付金

 

法人・個人問わず財源使途自由の不動産を担保に融資するフリークレジット。

 

我が家の改修や教育元金、相続税納付財源、法人・個人ビジネス主であれば

 

運転財源や納税元金や出資財源など多目的に使えます

 

*不動産一般貸付金

 

個人向け・個人事業主向けの不動産担保貸付金で、今後ビジネスを腹積もりている方の

 

開業財源や運転財源、納税元金などに応用出来ます。

 

*不動産売り渡しつなぎクレジット

 

総量規制対象外の個人向け不動産担保貸付金アイテム。

 

売り渡し前に新しい物件を購買する不可欠が出た時「買先行」に、先に物件調達用の

 

お金を借りるつなぎ元金として応用できます。

 

*不動産購買貸し出し

 

新築・ユースド関わらず、新たに邸宅を購買する人を融資対象とします。

 

*不動産スーパーサポートローン

 

総量規制の対象外で、一定の諸要件を満たした人や法人を対象に用意する

 

利率優遇計画です。

 

<つばさコーポレーションの不動産担保貸付金の留意点は>

 

利率はホームページのトップ低い利率が適用されるとは限りません。

 

月々の利率分決済額、元本の償還額等理不尽のない返金計画を見極めしましょう。

 

不動産の評価がデフォルト融資額になるわけではないのです評価額が自らが望みするほど

 

高くなかったり、掛け目や事務手数料、登記経費等諸費用の関連でお願いする

 

融資代金が出ない事例もあります。

 

不動産担保貸し出しは(根)抵当権設定の登記コストもかかります。

 

償還が滞ればもちろんですが担保不動産を任意売り渡しせざるを得ない時や

 

不動産競売になる事例があります。

 

価値があるな財産である不動産が担保になる事を十分ご留意してください。

 

不動産担保貸し出しで融資を受けるケースは、利息、返金前提、金利分決済や

 

償還期間などをよく確かめ、理不尽のない返金計画で、借り過ぎに用心しましょう。

 

公式サイトつばさコーポレーション

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

つばさコーポレーション


つばさコーポレーション

スポンサードリンク